鈴木紗理奈の息子はイギリスになぜ留学?ボーディングスクールとは

エンタメ
Pocket

鈴木紗理奈の息子はイギリスになぜ留学?ボーディングスクールとは、と題してお送りしていきます。

鈴木紗理奈さんの息子さんの莉音(りおと)くんは今年11歳。

9歳の時点で自分から留学したいと申し出たそうで、向学心と冒険心のあふれたお子さんであることが見受けられます。

鈴木紗理奈さんの息子さんはなぜ、イギリス留学に赴いたのか。

真相を探っていきたいと思います。

鈴木紗理奈の息子はイギリスになぜ留学?


鈴木紗理奈さんの息子の莉音君は9歳にして、イギリスの全寮制のボーディングスクールに留学を果たしています。

鈴木紗理奈さんは息子さんをインターナショナルスクールに通わせていましたが、その経験から、息子莉音君自ら、イギリスのボーディングスクールの噂を聞きつけ、通いたいと思い始めたのだと思われます。

また、最高の環境で育つために、鈴木紗理奈さんがボーディングスクールを選択したのかもしれません。

インターナショナルスクールに通っていると、遅かれ早かれ海外留学を経験したいと申し出るそうです。

イギリスのボーディングスクールとは?


ボーディングスクールとは、基本的に「全寮制の学校」だそうです。

イギリスが発祥の地で、イギリスのウィリアム王子の長男のジョージ王子が入学したことで有名です。

年間の学費は、イギリスのボーディングスクールで500万円~700万円ほどだそう。

必然的に富裕層が集まるシステムになっていますね。

ここで得た人脈はかけがえのないものになると思われます。

4歳から18歳までの子供たちが、様々な国から、イギリスのほか、スイス、ドイツ、アメリカ、アジアにもあるボーデイングスクールに集うようです。

日本にも数校あります。

学校の体制や教育方針については若干の違いはあるようですが、ほぼ全寮制で、24時間体制で教師や学友と接しながら人間性を磨いていきます。

ボーディングスクールは勉強だけではなく、人としての素養を高くする、そして、世界中の高い志をもつ同学年の子供たちとの幅広い人脈を築く。高い教養や異文化コミュニケーション、社交界で必要なスキルを身につけられることが最大の特徴であるとされています。

また、好きな分野を選ぶことができ、学業とともに人間教育、人としての素質を磨くことに重きを置いた教育だそうです。

鈴木紗理奈さんの息子さんも、きっと向学心が高くこのような選択肢を選ばれたのだろうと思われます。

ボーディングスクールのその他の特徴


ボーディングスクールには、大学の「学部」にあたる分野があるそうです。

例えばスポーツや音楽、大学への進学を支援するなど、これらの分野を選ぶポイントとしては、生徒一人ひとりの個性や趣味、持っている夢などを考慮して決めるのだそう。

このような学校を選ぶことからして莉音君の独立心は半端ではないことが見受けられます。

各分野に身を置いた子供たちには、彼らの自主性だけでなく、創造力、社会でのマナーを率先して身につけるカリキュラムとなっています。

ボーディングスクールには様々な国の子供たちが集まるため、インターナショナルスクールに通っていた莉音君にはなじみやすい環境だったと思います。

また、友人たちとの会話はすべて英会話なため、インターナショナルスクールで身につけた英会話スキルが存分に発揮できると考えたのではないでしょうか。

また、多くのボーディングスクールのカリキュラムの柱は、学力ではなく、人として優しくなることや、子供が持つ可能性を最大に引き出すことにあります。

また、ボーディングスクールに入学すると、規則正しさや礼儀正しさ、道徳心、コミュニケーション能力や寛容さ、忍耐力、交渉力まで習得が可能とのこと。

9歳の子供がここまで考えて進学を希望したかどうかは定かではありませんが、通わせる親御さんにとっては納得のいく選択肢ではないでしょうか。

ボーディングスクールの休暇制度

また、ボーディングスクールのメリットとしては、45日ごとにある長期休暇で、頻繁に日本に帰ってくることができるそう。

これなら、紗理奈さんも多少は寂しい思いをしなくてすみますね。

まとめ

鈴木紗理奈さんの息子の莉音君は、9歳にもかかわらず、海外留学に行きたいと申し出ました。

それは、インターナショナルスクールに通っている子供にとってはいつか通る道だということもわかりました。

イギリスのボーディングスクールでは生きた英会話を身に着けることが可能。

また、人間性を高める教育は多くの富裕層から支持されていました。

莉音君がどのような子に育つのか、非常に楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました