SMAP解散の理由をわかりやすく解説!真相をまとめてみた

エンタメ
Pocket

SMAP解散の理由をわかりやすく解説!真相をまとめてみた

超国民的アイドルのSMAP。解散は5年前にさかのぼりますが、当時は日本中のだれもが驚愕したことでしょう。

ファンは無念だったに違いありません。

SMAPの解散した理由は何だったのでしょうか。真相は何だったのか、お伝えしたいと思います。

SMAP解散の理由をわかりやすく解説!真相をまとめてみた

事の発端は、メリーさんの恫喝?

 

事の発端は、2015年1月の週刊誌の取材でした。

ジャニーズ事務所内で派閥争いがあるという週刊誌側からの質問に対し、メリー副社長がそれを否定。

その場に呼び出された飯島マネージャーに「派閥争いなどないわよね」と詰問。

さらに「派閥争いをするならSMAPをつれて出ていきなさい」と恫喝したようです。

組織を守るための発言だったのならば、致し方ありません。

これに対して飯島マネージャーは、これまで事務所に多大なる貢献をしてきたことを否定されたと考え、SMAPを引き連れて独立を考え出したと伝えられています。

飯島マネージャーは、SMAPを超国民的アイドルに育て上げた敏腕マネージャー。

ジャニーズ事務所にとっては欠かせない存在だったと思われますが…。

ジャニーズ事務所の派閥争いとは?

 

嵐、TOKIO、関ジャニ∞といったジュリー派と、SMAP、キスマイの飯島派と派閥がわかれていると言われていたのは、周知の事実。

テレビ局内でも、派閥の共演がないよう配慮されていたと言われています。

ジャニーさんが飯島マネージャーを社長に抜擢したかったということも、メリーさんとの溝を深くした原因ともいわれています。

当初はsmapの5人は会社から独立を検討

 

当初は5人ともジャニーズ事務所から退所という報道が流れました。

しかし、メリーさんは親密だった木村君の妻である工藤静香さんを通してこれを思いとどまらせたといいます。

木村くんは「ジャニーズのSMAP」を守ろうとした

 

しかし、一転、木村君が翻意してジャニーズ事務所にとどまるよう動いたと考えられます。

木村くんは「ジャニーズとしてのSMAP」を守ろうとしたのでしょう。

事務所から退所してしまっては、仕事は激減し、5人の活動自体も危ぶまれます。

しかしここで、世論は完全に木村君を裏切り者扱いしだしました。

しかし、私個人の見解は、木村君はただただSMAPを守りたかっただけだと考えています。

8月、木村君がハワイに行っているところを他の4人で事務所に訪問。


8月10日までは、解散ではなく活動休止でことが運んでいました。

ところが、状況は一変。

木村君以外の4人のメンバーが、ジャニーさんのもとに訪問。

香取君がこう口火をきりました。

「活動休止ということはまた元に戻るということですか。それなら休止は受け入れられません。そんな中途半端なことなら解散したい」

草なぎ君、稲垣君もこれに同調したと伝えられています。

香取君としては、今まで育ててくれた飯島マネージャーに恩義を感じていたのでしょう。

中居君はこの発言に驚愕したと言われています。

奇しくも2014年のSMAPが司会を務めた27時間テレビのオープニングでの生前葬で、香取君が力強く放った言葉は「SMAPは解散しません!」でした。

その香取君が「解散したい」と言うのだから、もう中居君の手には負えないと考えたのでしょう。

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

結論から言えば、それぞれが大切にしているものを守ろうとしたのでしょう。

それが解散の悲劇に陥ってしまった原因です。

本当に悲しい出来事です。

トップアイドルだったSMAPを失ったことは、ファンにとってとても耐えがたいことだったでしょう。

SMAPは今までも色んな試練がありました。

1996年の森くんの脱退、2001年の稲垣君の逮捕、2009年の草彅君の逮捕。

メンバーだけでなくその都度メンバーもファンも乗り越え絆を強くしていった

事と思います。

それなのに、なぜ解散しないといけなかったか。

本当に無念でなりません。

5人の再結成を強く望みます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました