ビートたけしの嫁は横井喜代子!本名は古田恵美子で元銀座ホステス!

エンタメ
Pocket

ビートたけしの嫁は横井喜代子!本名は古田恵美子で元銀座ホステス!と題してお送りしていきます。

ビートたけしさんは2020年2月に再婚なされました。

元妻との離婚の際には200億円の慰謝料を払っていると言われていますので、すごいですね。

そんな再婚相手は横井喜代子さんと呼ばれていて、本名は古田恵美子さんとのことでした。

元銀座のホステスだそうですよ。

ビートたけしの嫁は横井喜代子!


ビートたけしさんと横井喜代子さんとの出会いのきっかけはなんだったのでしょうか。

2013年1月18日、ビートたけしさんの誕生日に、お友達の松尾雄治さん(元ラグビー選手)がいるお店に出かけた際に、横井喜代子さんが同席していました。

どうやら、横井喜代子さんのほうから、ビートたけしさんに合わせてほしいと松尾雄治さんにお願いしていたことがわかっているそうです。

ですが、いざ会ってみると、ビートたけしさんに「あなたのことは知らない」といったそうです。

恋の駆け引き、みたいなことでしょうか。

たけしさんも、「俺のこと知らないの?」と相当興味をひかれたのでしょう。この日以降は、たけしさんのほうから頻繁に食事に誘うようになったそうです。

たけしさんもよほど気に入ったのか、旅行にも頻繁に出かけるようになっり、二人の関係は深まっていったようです。

本名は古田恵美子で元銀座ホステス!

横井喜代子さんは元銀座のホステスをしていたという経歴の持ち主です。

「チカ」「ゴン」の愛称でネットでも話題となっておりました。

ビートたけしさんとは18歳年下です。

こちらが、たけしさんの新妻、横井喜代子さんの画像です。年齢を感じさせないスタイルの持ち主ですね。

横井喜代子さんを知る芸能関係者によると「普通のおばさん」と言っている人がいるようですが、伍代夏子さんに似ているとの噂もあるようです。

横井喜代子は略奪婚!


横井喜代子さんはもともとはたけしさんの愛人でした。

たけしさんは初めての出会いから、横井喜代子さんにほれ込んでしまったということです。

たけしさんが「全財産を手放してでも一緒になりたい愛人」と言われていたらしいですよ。

そして、2014年に不倫が発覚。

たけしさんは元の嫁の幹子さんと2019年5月より協議離婚が行われ、離婚成立となり、40年という長い結婚生活に終止符が打たれました。

幹子さんには200億円の慰謝料を支払ったと言われていますが、真相は闇の中です。

不倫の結果、たけしさんが離婚をして結婚しているわけですから、完全なる略奪婚ですね。

たけしさんが再婚をしたのが73歳。芸能界で最高齢クラスの結婚となります。

再婚後の現在の嫁の職業は社長


嫁の横井喜代子さんはたけしさんと設立した事務所「T.Nゴン」の社長さんです。

横井喜代子さんの愛称の「ゴン」をつけるなんてたけしさんの溺愛っぷりは半端ないですね。

世間の反応は?

再婚による世間の反応はどうなんでしょうか。

と、いろいろな意見があるようです。

まとめ


ビートたけしさんの再婚相手は、横井喜代子さんという女性でした。

元銀座のホステスで、本名は古田恵美子、「チカ」「ゴン」が愛称でした。

元嫁の幹子さんとは協議離婚し、慰謝料は200億円とも言われています。

現在では事務所の社長をしており、公私ともにパートナーとなって仲睦まじくやっておられるようです。

お二人のお幸せを願うばかりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました